法人設立コストと注意点

法人設立の際に印鑑セットでコスト削減


個人事業主であっても新規に法人を設立して社長になっても、対外取引では契約書を取り交わすことはよくあることです。当然のことながら印鑑が必要となります。場合によっては印鑑証明書などを要求されることもあります。その際に個人事業主であっても屋号で仕事をする場合もあります。その際に屋号の印鑑を作成しておくと後々便利です。最近は副業を始める人も多いので法人設立の際の印鑑セットもインターネット通販で気軽に購入できます。
検索サイトで法人設立、印鑑セットで検索すると気が遠くなるくらい、沢山の印鑑の通販サイトが出てきます。同じ店でも複数のショッピングサイトに出店している場合はそれぞれ1件として出てきます。自分の購入条件に合っているところを選ぶといいでしょう。
順番は法人の名称を決めてから印鑑セットを注文します。セットの内容は、代表印、銀行印、社判(法人登録の際に使用する住所や電話番号)というものがほとんどです。セットが届いたら銀行に口座を開設、そして代表印を印鑑登録することになります。法人の印鑑登録は法務局で行っているので管轄の法務局をあらかじめ決めておくといいでしょう。法人設立には時間も必要です。

法人設立の注意点について

会社を作ること自体は大した問題はないです。極端な話、今日から会社を始めます、と宣言すれば良いのです。しかし、一般的には法人設立をすることによって会社組織として認められることになります。法人設立にはいくつかの種類があります。例えば、合同会社、合資会社、株式会社などがあります。日本独自の有限会社と言う制度もありましたが、今では新しく作ることができなくなりましたが、あったことくらいは覚えておくことです。こうした会社を作るのにも色々と注意点があります。例えば、それぞれに特徴があるからです。株式会社ですと株主総会を開く必要がありますし、そもそも会社を作るときに法務局に届出を出す必要があることも忘れてはいけないことです。手続きと言うのは往々にして面倒なことが多いですが、例に漏れずこの手続きも非常に面倒です。面倒だと思ったら、司法書士などの専門家の人に依頼すると良いです。法人設立を専門にしている業者もあります。”